MENU

簡単に発注できる

印刷機

意外と低コスト

イベントや新製品のお知らせをしようと思ったとき、伝える方法としてどんなものがあるでしょうか。知らせたい相手の数が少なければ、メールで一斉送信という手が最も簡単かもしれません。しかしインターネットが盛んな今だからこそ、小さな画面のきまりきったフォントではなく、手に取って読むことができるチラシ印刷の良さを振り返ってみてはいかがでしょうか。「チラシ印刷」というと仰々しく聞こえてしまうかもしれませんが、実はたった百枚からでも、低コストで作ることができます。必要な準備は、原稿を用意すること。例えばセールの開催を知らせたいなら新聞折り込みチラシが参考になります。そこにはセール名や開催期間、目玉となる内容とその価格、場所と時間が掲載されているでしょう。イベントのチラシ印刷なら、セール名の部分をイベント名に変えれば、必要項目は変わりません。セールチラシよりも、場所と時間の記述にスペースを割く必要がある程度の注意で、原稿は仕上がるでしょう。百枚からでも意外と低コストで作れるチラシではありますが、五百枚、千枚ともなると、コピーで作るよりも安上がりになるケースが珍しくありません。カラーコピーは1枚当たり50円ほどかかりますし、家庭用プリンターの場合もインク代が馬鹿にならないことを考えると、チラシ印刷を業者に発注してしまったほうが、安くきれいに仕上がるというメリットがあります。原稿は手書きでも構いませんし、パソコンで作成しても構いません。ネットで入稿できない印刷所は皆無といっていいほどなので、入稿時に原稿を送る送料を浮かすことも簡単にできます。